【ノースフェイス ロングスリーブ クライメートウールクルー レビュー】ウールと化繊のハイブリッド素材でいつでも快適なインナー。

クライメートウールクルー

今回は、ノースフェイス ロングスリーブ クライメートウールクルーのレビューを記事にしていきます。

みなさん冬に着るインナーは,何を最優先に選びますか?

ほとんどの人が、

とにかく暖かいもの

を優先して探していると思います。

僕も以前は、そうでした。

困ったさん

暖かさが1番の正義ではないの?

sakorin

それよりも大事なことがあります。

暖かさだけを求めると、場所によっては暑すぎて汗をかいてしまうことも。

何より問題なのが、

服の中でかく汗

不快なだけでなく、汗冷えによって風邪を引いてしまうきっかけにもなります。

困ったさん

たしかに、暑くなり過ぎることも…

そこで何か改善してくれるものがないか探し、ノースフェイスのハイブリッド素材を使用した高機能インナーのノースフェイス ロングスリーブ クライメートウールクルーを見つけました。

お値段もヒートテックに比べて高級なものになりますが,それだけの価値はあったのかどうか?

良かったところ・残念に思ったところを詳しくレビューしていきます。

そんなわけで、今回の記事は「【ノースフェイス ロングスリーブ クライメートウールクルー レビュー】ウールと化繊のハイブリッド素材でいつでも快適なインナー。」を書いていきます。

タップできる目次

ロングスリーブ クライメートウールクルーの基本スペック

まずは、クライメートウールクルーの基本情報から紹介します。

生地

FLASHDRY™ Double Face Wool(ウール60%、ポリエステル40%)

ウールと化繊の良いところを凝縮させたハイブリッド素材。

クライメートウールクルー生地表
クライメートウールクルー生地裏
肌面

生地の表と裏で、質感が違います。それぞれの機能は、

表面:ウール

  •  調温・調湿:服の内部環境をコントロール。  
  •  消臭効果

肌面:十字断面構造の特殊ポリエステル繊維

  •  吸湿速乾:汗を素早く吸い上げ拡散し、ドライ感をキープ。

生地の特性を活かし、良い仕事してくれています。

結果として、生地は薄手なのに暖かい。

機能

  • FLASHDRY:透湿性と吸水速乾性を高めるテクノロジー
  • 静電ケア設計:不快な静電気の発生を抑えてくれます。
  • UV PROTECT :強い日差しに対応。UPF50+、UVカット率95%以上。

一枚でも快適に着ることができる機能が満載。

サイズ

S、M、L、XL

重さ

215g(Lサイズ)

カラー

(CD)カーディナルレッド、(NT)ニュートープグリーン、(ZC)ミックスチャコール、(UN)アーバンネイビー<

ロングスリーブ クライメートウールクルーのサイズ感

ロングスリーブ クライメートウールクルーのサイズ感は、体にフィットするようタイトなつくり。

タイトですがストレッチがかなり効きます。動きやすく快適な着心地です。

文字だけでは分からないと思うので、着用画像を参考にしてみてください。

管理人sakorinのデータ:170cm 64キロ 標準体型

ロングスリーブ クライメートウールクルーは、Mサイズを着用

公式サイトにある適合サイズ表

出典:[THE NORTH FACE ]公式|ゴールドウィン

正面

クライメートウールクルー正面

サイド

クライメートウールクルーサイド

バック

ロングスリーブ クライメートウールクルーを使ってみた感想

ノースフェイスのロングスリーブ クライメートウールクルーを実際に使った感想を書いていきます。

残念なところ

ランバージャック仕様(サムホール仕様)が使いにくかった

袖のところが、ランバージャック仕様(サムホール仕様)になっていて、寒い時に親指を入れることにより、手の甲を温めることができます。

クライメートウールクルーサムホール

ランニングウェアなどによく見られる仕様なんですが。

実際に使ってみると、袖が引っ張られ窮屈な感じがしました

腕の長さや肩幅によるとは思いますが、サムホールを使いたい人はサイズ選びに注意してくだいさいね。

良かったところ

汗をかいても、蒸れなくて快適

滝のような汗をかいても、すぐに乾きます。汗冷えしないのは、さすが高機能インナーだと思いました。

生地が分厚くない

防寒性もあるのに、生地がそれほど分厚くないのも高評価。重ね着がしやすいので、普段使いしても違和感なく着れるのは嬉しかったです。

sakorin

普通に使いやすい

意外な活躍シーン

春秋冬の3シーズン着て分かったことがあります。それは、温度コントロールが非常に優れていること。

その実力を発揮してくれたのが、「音楽ライブ」でした。

外は寒いのに、中はすごい熱気で汗をかく状況。以前までは、ヒートテックを着ていたのですが終演後は汗冷えで地獄。

凍え死にそうな経験を何度もしました。

ロングスリーブ クライメートウールクルーを着てからは、汗冷えによる寒さから解放されました。

おかげで、ライブの余韻を楽しむ余裕も♪

汗の匂いの心配もいらなくなったのも嬉しいです。なので今では、普段使いにもちろん音楽ライブ用インナーとしても、大活躍してくれています。

sakorin

オールスタンディングライブでの着用、激しくオススメします!

ロングスリーブ クライメートウールクルーレビューのまとめ

  • 薄手なのに暖かい
  • 汗をかいても、蒸れない。
  • 温度差がある場所で性能を発揮。
  • 天然素材に近い着心地で、日常使いにおすすめ。

僕が実際に着てみて感じた感想です。

値段はユニクロのヒートテックに比べると高価になりますが、快適さが上回っているので満足しています。

過酷な状況の時ほど、買ってよかった思わせてくれる相棒になりました。

ノースフェイスの他のインナーはこちらの記事で紹介しているので、ぜひ。
ノースフェイス 防寒におすすめのインナー4選!体も気分もあったまろう。

みなさんの、インナー選びの参考に少しでもなれば嬉しいです。

最後まで、記事を読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる