仕事

残業やめたら生活が劇的に変わった【体験談】

2019年4月28日

リラックスする人

こんにちは、さこりんです。

今回は、残業をやめたら生活が思っていた以上に改善された話です。

こんな人は、ぜひ読んでみてください。

 

 

  • 毎日、残業でクタクタになってる人
  • 残業こそ正義って思ってる人
  • 自分の時間が全くない人

 

残業というものを、一度みなおしてみませんか?

 

自分で気づかないうちに残業沼にハマってしまっていた僕も、思いきって行動してみて毎日がより楽しくなりました。

まずは、この記事を軽い気持ちで読んでいただけたらと思います。

僕の体験が少しでも、参考になれば嬉しいです。

アイ ラブ 残業❤️がいけなかった

日本のみなさん残業が大好きですよね。僕の職場でも、みんなせっせと残業しています。

僕も少し前まではその中の1人でした。

遅くまで働いてるのって頑張ってるような感じがするじゃないですか。知らぬ間に仕事の質ではなく時間に価値を見出してしまっていたと思います。

 

でも、実際はその逆で頑張って仕事を終わらせてないから時間がかかってるともいえます。

質の高い仕事をしたら、時間はかからないのです。

 

もちろん繁忙期などで必要な残業もあるのも事実ですが、今回の話は必要のない残業です。

 

残業と距離を置くようになって、はじめて必要なかったと分かったんですけどね。

なんか恋愛みたいです。笑

少し前までの僕は、そんなことも気づかずひたすら時間ばかり消費していたのでした。

 

残業とさよならしてみても、案外やっていけた

 

結論、残業しなくても全然問題なかった。

 

毎日、疑うこともなくダラダラ残業を続けていたのですが、ついにこの日がきました。

 

はい、疲れです。長時間労働を続けてるうちに身も心も疲れ果ててしまっていました。気力がどんどん無くなっていき、周りの人からも「疲れてるね」とか「大丈夫」とか言われるように。

 

疲れてるので休みも、明日の仕事にそなえて家でゴロゴロ。休みの日まで仕事に支配されている感じ。

楽しくない、楽しくない、楽しくない。

これはいけないと思い、残業との付き合い方を考え直しました。そして、きっぱりとお別れすることにしました。中途半端にお付き合いすると未練から戻ってしまうかもしれないので。

 

結果、何の問題も無かった。

問題がなかったというよりは、問題がないように行動するようになったのほうが近いです。

会社員なので結果は求められます。

なので、決めた時間内に終わるにはどうすればいいかにフォーカスして行動するようになりました。

残業をやめる=自分の時間ができる

残業をやめるとその分だけ時間ができます。

 

自分だけの貴重な時間です。

 

今までは仕事に使っていた時間なので、睡眠時間も減りません。

 

今は、この自分の時間を有効活用して新しいことができるようになりました。生活にもリズムがでてきたように感じます。ダラダラしたいからその時間で何ができるかなに変わってきました。残業していた頃とは大違いです。

 

時間を手に入れただけでなく、前向きになるという気持ちの変化もありました。

おわりに

今、残業で疲れてる人は多いと思います。当たり前になっているその残業、一度考え直してみるのもいいかもしれません。

 

僕自身は、残業をやめて自分の時間を得たことでいいことがありました。

 

急に変えることは難しいとおもうので、少しずつでも残業をなくそうと思って行動してみるだけでもいいと思います。

 

今が楽しくない人は、まずは自分の時間を確保することを最優先にしてみるといいかもしれないですね。少しづつ改善していきましょう。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

-仕事

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.