リュックとバックパックの違い|分かりやすく解説します。【画像あり】

リュックとバックパックの違い、あなたは分かりますか?

日本ではリュックだけでなく、たくさんの呼び名が使われています。

  • リュック
  • リュックサック
  • バックパック
  • デイパック
  • ザック(登山用ザック)

ざっと、これぐらいあります。

「バックパック?デイパック??」

「リュックのことだよな…」って経験ありませんか?

リュック大好きの管理人さこりんが、「リュックとバックパックの違い」にずばり答えます!

では、一緒にフワッとしていた疑問をスッキリさせましょう。

sakorin

疑問をスッキリ解決!

目次

リュックサックとバックパックの違い

違いの比較

リュックサック」と「バックパック」の違いはなく同じものを指す。
2つの言語から由来しているため、複数の呼び名が存在。

ドイツ語 Rucksuck リュックサック:英語 Backpack バックパック
「背中に背負う袋の意味。」

結論、リュックサックとバックパックは同じもの。

違いは呼び名だけでした。もっと詳しく言うと、言語の違いによるもの。


深掘りしていきます。

リュック

リュックサック

Rucksuckというドイツ語。

背中袋の意

ドイツ語での発音は「ルックザック」

日本では、それを英語読みして「リュックサック」略したものが「リュック」として使われている。

英語圏で使われるrucksackは、専門的な登山用語として使われる

バックパック

バックパック バックパッカー

Backpackという英語

背負い袋の意:back(背中) pack(荷物)

ちなみに、バックパッカーは、このバックパックで旅する人のこと。バックパックから派生した言葉です。

日本では大きなリュックを指すことが多いが、海外では大きさに関係なくバックパックという総称で呼ぶ。

同じものを表す二つの言語が日本に入ってきて、両方を使っている状況です。

リュックサック(バックパック)の仲間たち

では、次はリュック(バックパック)の仲間であるデイパックやナップサックをみてみましょう。

デイパック Daypack

リュックサック(バックパック)の中のひとつ。

デイという名前のとおり、1日分の荷物が入るリュックで容量は比較的に小さめ。

日常的に使いやすいサイズが多くタウンユースに向いているので、種類も多くファション性の高いものが多く発売されている。

アウトドアブランドだけではなく、アパレルブランドからもお洒落なものが出ています。

デイパック

ナップサック Knapsack

リュックサック(バックパック)の古い呼び名のひとつ。

日本では、肩ベルトが紐になっている簡易的なリュックの意味で使われている。

このナップサックは古い時代のものでなく、ファッションの世界では新しくおしゃれなものとして返り咲いていました。

名前もドローストリングバックパックdrawstring backpackとなって生まれ変わり、その軽量で使い勝手の良さが見直されています。

ナップサック

ザック(登山用ザック)

日本では、特に登山に使うリュックのことを指す。

Rucksuckのsuckのドイツ語の発音”ザック”からきています。
海外では、「ザック」は通じない。

アウトドアや登山関係の話では、リュックという言葉よりザックの方がよく耳にします。

登山ザック

まとめ

最後に、今までの情報をまとめます。

  • リュックサックとバックパックは同じ
  • リュックサックはドイツ語「ルックザック」の英語読み
  • バックパックは英語
  • デイパックは、比較的に容量の小さいものを指す
  • ナップサックは、紐のついた簡易的な小型のもの
  • ザックは、アウトドアや登山で使われるリュックサック(バックパック)を指す
  • どちらでも好きな名前で呼んでOK

まとめてみると、英語だったりドイツ語だったり… 統一されていなくてややこしかったです。

日本だけでの認識や呼び方もあるので注意が必要ですね。

とりあえず、リュックとバックパックは同じ。違いは呼び名だけ。
その中にデイパックやナップサックという種類があると覚えておけば大丈夫です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる